HOME コラム <リーダー向け>デジタルマーケティングの施策とツール(3)Googleアナリティクス活用のポイント

コラム

<リーダー向け>デジタルマーケティングの施策とツール(3)Googleアナリティクス活用のポイント

藤原哲史(ふじわら・さとし)

2021.03.31

デジタルマーケティングの各施策においてはデータが蓄積されるため、さまざまな分析が可能です。その中でも特に重要なのがWebサイトのアクセス解析です。なぜなら、Web広告、メールマガジン、SNS等の誘導先がWebサイト(ホームページやランディングページ等)となっているからです。アクセス解析とは、Webサイトに訪れたユーザーの行動を分析することで、ここで使われるツールがGoogleアナリティクスです。

目的は、Webサイトの改善

Googleアナリティクスを導入すると、Webサイトのアクセス数がわかるだけでなく、「流入元(ユーザーはどこから来たか?)」「ユーザー属性(どんな人に見られているか?)」「閲覧ページ(どのページが見られているか?)」などの情報がデータとして蓄積されます。このようなユーザーが示してくれる情報をもとに、Webサイトの問題点を発見し、改善策を導き出すことができます。「どの指標を見ればよいのでしょうか?」という相談をよく受けますので、基本的な指標について解説します。

ユーザーからの評価について考える

Googleアナリティクスのレポートには、「リアルタイム」「ユーザー」「集客」「行動」「コンバージョン」というカテゴリがあります。まずは、「ユーザー」の「概要(サマリー)」レポートで表示される指標が重要です。特にチェックしたいのが、①「直帰率」②「ページ/セッション」の2つです。この2つの指標の数値から、Webサイトに対するユーザーの評価を確認することができます。①「直帰」とは、Webサイトを訪問したユーザーが1ページしか見ずにサイトを去ってしまうことです。②「ページ/セッション」は平均閲覧ページ数のことで、1回のセッションにおいて平均して何ページ見られたかを示します。Webサイトの目的も異なるため一概には言えないのですが、「直帰率」は60%以下、「平均閲覧ページ数」は3ページ以上が目安となります。

これらの数値が悪いということは、他のページへの導線が適切でない可能性があります。この場合、ユーザーは他のページへ移動せずに離脱してしまいます。また、コンテンツがユーザーに興味を持たれていない可能性もあります。興味を持たれれば、直帰せずに数ページ閲覧するからです。このように、問題点に気づいたら仮説を立てて、検証することが必要です。

ユーザーがどこから来たかを知る

次に「集客」の「概要(サマリー)」レポートを見てみます。ここでは、ユーザーがどこを経由してサイトを訪問したかがわかります。その流入元が「Organic Search(検索エンジンからの流入)」「Direct(URL 直接入力、ブックマーク、参照元不明)」「Referral(他のサイトのリンクからの訪問)」「Social(SNSのリンクから訪問)」と表示されます。流入元により集客数が異なるのは当然なのですが、これら流入元の違いにより先ほど解説した「直帰率」「平均閲覧ページ数」も異なり、「ユーザー属性(どんな人に見られているか?)」も異なります。この点を考慮して、流入元の反応をもとにした改善策を考えることが必要となります。また、新規とリピーターでは行動が大きく変わります。新規・リピーターごとに、基本的な指標を確認しておくとよいです。

Googleアナリティクスについては、活用方法をわかりやすく解説した書籍やWebページが豊富にありますので、ぜひ使い方を学んでWebサイトの改善に役立ててください。

※なお、2020年10月にGoogleアナリティクスの次世代バージョン「GA4」がリリースされましたが、本稿では従来型の「ユニバーサルアナリティクス」について解説を行っています(現在参考になる書籍やWebページも同様です)。

コラムニストプロフィール

藤原哲史(ふじわら・さとし)

中小企業診断士、上級ウェブ解析士。出版社、広告代理店・制作会社にて企画・編集・制作業務に携わった後、2019年に株式会社クレビスを設立。現在、企業のマーケティング・コミュニケーション活動(広告、販売促進、広報・PR)の戦略立案・実行・改善の支援に従事している。

HOME コラム <リーダー向け>デジタルマーケティングの施策とツール(3)Googleアナリティクス活用のポイント